遺産分割の際に意思表示に瑕疵があった場合 -遺産分割の問題遺産分割の弁護士

遺産分割の際に意思表示に瑕疵があった場合遺産分割の問題

遺産分割協議は、共同相続人全員の意思の合致により成立しますが、意思表示が詐欺・脅迫による場合や錯誤による場合には、無効・取消しの主張ができます。

この場合、瑕疵(詐欺や強迫、錯誤など)について相続人間で争いがなければ分割協議のやり直しということになりますが、この点について争いがあれば家事審判または民事訴訟で争うことになります。なお、意思表示の無効・取消しの主張は、本来は民事訴訟の範囲ですが、審判の前提問題として家庭裁判所が判断できるとされています。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved