取得した遺産に問題があった場合 -遺産分割の問題遺産分割の弁護士

取得した遺産に問題があった場合遺産分割の問題

遺産分割の結果、手にした相続財産に何らかの瑕疵がある場合があります。

相続財産の瑕疵とは、相続人が取得した財産が他人の物だったり、当初の話と比べて数量不足や一部滅失があったり、土地に地役権や用益権、担保権などの制約があったり、遺産である債権の債務者が無資力で債権回収が困難であったりするなどをいい、分割協議の時点では判明していなかった不都合や不利益がある場合があります。

民法はこのような場合に備えて、共同相続人間での公平を確保するために担保責任を規定しています。「遺産ではない財産を分割の対象としてしまった等、物又は権利の瑕疵については、各共同相続人は売主と同じく、その相続分に応じて担保責任を負う。」また「分割によって取得した債権については、各共同相続人は、相続分に応じ、分割時における債務者の資力を担保とする。」としています。ここでいう相続分は、法定相続分ではなく具体的相続分に応じてという趣旨であり、遺産の瑕疵は、相続開始時までに生じたものではなく、遺産分割時までに生じたものも含まれます。

一方、遺産分割の場合、通常の債務不履行責任は適用がありません。つまり、遺産分割協議で合意された債務を履行しないからといって、他の相続人が遺産分割協議自体を解除することはできません。遺産分割においては、共同相続人の取得した権利義務はお互いに独立していることを前提として、例外的に一定の場合に担保責任が生じるということになっています。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved