財産の一部が抜けたままなされた遺産分割 -遺産分割の問題遺産分割の弁護士

財産の一部が抜けたままなされた遺産分割遺産分割の問題

遺産分割協議成立後になって、未分割の遺産が存することが判明することがあります。この場合に遺産分割協議を無効として全遺産を再分割すべきか、新たに判明した遺産のみを分割すればよいかが問題となります。

当初の分割協議が無効となる場合

まず、遺産分割の対象から抜けていた遺産が重要で、当事者がその遺産のあることを知っていたらこのような分割協議はなされなかったであろうと考えられ、全遺産をもって分割のやり直しをした方が公平であると考えられるような場合は、当初の分割協議は錯誤により無効とされます。また、先に分割した遺産と未分割の遺産との区別や両者を分離して処理することについて、当事者の合意が得られない場合は、当該協議は無効であるとする判例もあります。

未分割遣産の分割で足りる場合

当初の遺産分割協議を無効とするまでの必要性がなく、一部分割の場合の残余財産の分割を準用して、未分割遺産のみを分割すれば足りるとすることもできます。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved