相続人でない人が加わった遺産分割 -遺産分割の問題遺産分割の弁護士

相続人でない人が加わった遺産分割遺産分割の問題

遺産分割は、共同相続人全員が参加し、全員の合意で成立することが必要です。そこに相続人でない者が加わった場合は無効と解され、原則として当該遺産分割は無効とし、やり直すことができます。

相続人でない者を加えて遺産分割協議がなされる場合というのは、そもそも遺産分割当時から相続人ではない者(表見相続人など)が相続人として分割協議に加わっている場合と、協議成立後に相続資格を失った場合とが考えられます。後者の例としては、遺産分割後に、婚姻や養子縁組の無効判決、相続人廃除決定、嫡出否認判決、認知無効判決、親子関係不存在確認判決が確定した場合などが挙げられます。

分割協議の効力

(1)相続順位に変更をきたす場合

相続人ではない人を遺産分割に参加させた結果、正当な相続人が遺産分割に参加していない結果となる場合は、共同相続人の一部を除外してなされた遺産分割協議であるため無効とされます。

(2)相続順位に変更をきたさない場合

当然に無効とする説もありますが、相続人でない人に分割された財産を取り戻した上で、当該財産を未分割遺産として、再度相続人間で分割するのが一般的なようです。

PAGE TOP
ページトップへ
絶対に負けられない事件、
お任せください。

報酬に値するプレミアムサービスを提供し、
手段を尽くして目的を達成します。

東京永田町法律事務所

〒100-0014
 東京都千代田区永田町2-9-8 パレ・ロワイヤル永田町706
TEL:03-5532-1112/FAX:03-5532-1113
 9:00~19:00 土日祝日除く

  • 地図・アクセス
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved