遺産分割協議中に遺産の価格が変動してしまった場合 -遺産分割の問題遺産分割の弁護士

遺産分割協議中に遺産の価格が変動してしまった場合遺産分割の問題

遺産分割の話し合いに時間がかかってしまった場合に、不動産や株券などの財産の価値が変動する場合があります。このような場合、どのように遺産の価値を評価するかが問題になります。

遺産分割の際の遺産の評価方法は時価によるとされています。預金などの債権は原則として債権総額により、株式は上場されていればその取引価格により、非上場の株式の場合は一定の方法で時価を評価し、不動産は相続税算定のための路線価や公示価格などを参考に時価を算定することになります。この評価の時期は、相続開始時ではなく、相続人間の公平を期するために遺産分割協議の時としています。遺産分割では、財産の評価でもめるケースが多いので、評価額に争いがある場合は、不動産鑑定士などの専門家による鑑定を依頼する場合も考えられます。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved