遺言を無視した遺産分割をしたい場合 -遺産分割の問題遺産分割の弁護士

遺言を無視した遺産分割をしたい場合遺産分割の問題

遺言がある場合は、遺言が遺産分割に優先します。しかし遺言の内容が全相続人の意向とは全く違っている場合もありますので、遺言を無視して、相続人全員で遺産分割を行いたいと考える場合も考えられます。

相続人全員が、遺言の存在を知り、その内容を正しく理解した上で、全員の同意をもって、遺言の内容と異なる協議を行えば、遺産分割を遺言に優先させることもできます。この「全員の同意」には、受遺者の同意も含みますので、例えば、遺言で遺贈がなされている場合は受遺者の同意を得られるかが重要なポイントになります。受遺者の同意は遺贈の放棄をしてもらうことを意味しますので、受遺者が放棄する代わり何かメリットがあるような提案をしない限り同意は難しいと考えられます。

また、遺言で遺言執行者が指定されている場合は、遺言執行者が、相続人に代わって遺言どおりの執行を行います。遺言執行者には、相続財産の管理処分について絶対的な権限がありますので、相続人は遺言の執行を妨げることができなくなります。共同相続人の全員の同意で、遺言を無視した遺産分割を行うとした場合でも、遺言執行者が再分割か遺産分割協議の追認かを判断する権限がありますので、あらかじめ遺言執行者の了解を得ておくことが必要です。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved