おなかの中に被相続人の子がいる場合 -遺産分割の問題遺産分割の弁護士

おなかの中に被相続人の子がいる場合遺産分割の問題

胎児は生まれた者とみなして相続人になることができます。

相続開始時にまだ出生していなくても、出生したら相続人として遺産分割に参加することができます。もっとも胎児は死産の可能性もあり、遺産分割協議に現実には参加できない可能性もありますので、相続人に胎児がいる場合は、実際に生まれてから遺産分割協議をするのが無難です。

なお遺産分割にあたって、胎児の母親も相続人である場合、母と胎児には利益相反関係が成立しますので、出生後は子のために特別代理人を選任した上で遺産分割協議を行うことになります。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved