株式・有価証券の相続 -遺産分割後の手続き遺産分割の弁護士

株式・有価証券の相続遺産分割後の手続き

相続によって株式を取得した場合は、株主名簿の名義書換手続を行わなければ、相続人は株主であることを会社に対抗できず、株主としての議決権行使や配当請求に際して支障が生じることになります。そのために、相続した株式について株主名簿の名義書換えを請求する必要があります。なお、株式が譲渡制限株式であっても、相続等の包括承継の場合には譲渡制限の規定の適用はなく、相続人は取締役会の承認を要することなく相続により株式を取得することができます。

株式の名義書換手続きは、具体的な手続は発行会社や株主名簿管理人によって異なりますが、概ね次のような書類を提出することで行うことができます。具体的な場合においては、発行会社または株主名簿管理人に必ず事前に確認の上行いましょう。

名義書換手続に必要な書類
  • (1)株券(株券発行会社の場合)
  • (2)株式名義書換請求書
  • (3)被相続人の除籍謄本
  • (4)相続人全員の戸籍謄本(相続人の範囲を確認しうるもの)
  • (5)(遺産分割前の場合)相続人全員の名義書換えについての同意書・印鑑証明書
  • (6)(遺産分割後の場合)遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明書
  • (7)(遺言で分割指定がある場合)遺言書

株券(株券発行会社の場合)を紛失した場合

相続の場合は、譲渡と違って株券の交付を要さずに株式は相続人に移転すると考えますので、株券の提示なしに名義書換を請求できるとされています。実務上は紛失した株券について喪失登録の手続を経た上で再発行を受けて、株主名簿の名義を書き換えることになります。

株式が証券会社にある場合

株券が証券会社の保護預かりとなっている場合には、証券会社から株券を出庫したうえ、名義書換代理人に対して行うか、証券会社に代行を依頼することもできます。手続きに必要な書類は上記と同様ですが、特定の相続人等に株券を出庫させたり、名義書換手続の代行を行わせたりする場合には、相続人全員の依頼書の提出を求められることがあります。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved