協議による分割(遺産分割協議) -遺産分割の方法遺産分割の弁護士

遺産分割協議による分割(遺産分割協議)遺産分割の方法

協議による分割(遺産分割協議)とは、共同相続人全員の合意により遺産を分割する手続です。共同相続人全員の話し合いでどのように分割しても構いませんので、法定相続分と違う分割をしてももちろん問題ありません。遺言がない場合、遺産分割の内容は共同相続人の自由に任されていますので、特定の相続人の取得分をゼロとするような遺産分割協議も有効です。ただし、遺産分割協議の成立には、共同相続人全員の意思の合致が必ず必要です。
仮に相続人全員が遺言の存在を知っていて、その内容を正しく理解した上で、全員の同意が得られれば、遺言の内容に反する遺産分割協議を行っても有効です。
遺産分割協議が成立した場合、遺産分割協議書を作成して全員が署名・押印し、各相続人が1通ずつ保管します。遺産分割協議書の作成は法律で求められているものではありませんが、後のトラブルを回避するためには、遺産分割協議書の作成は必須です。

また、遺産分割協議は、被相続人が遺言で分割方法を指定した場合や分割を禁じた場合を除き、相続開始後であれば、いつでも遺産分割協議で遺産分割をすることができます。
遺産分割をいつまでにしなければならないかということについては、制限がありません。もっとも、あまり長い間放置しておくと、相続人の中に死亡するものが出て、二次相続が開始され、問題が複雑になるので注意が必要です。
遺産分割協議に応じない相続人がいるときは、早めに裁判外での遺産分割協議を終了させ、遺産分割調停を申し立てるべきかと思います。裁判外での交渉で解決することにこだわって遺産分割調停を申し立てないでいると、一向に解決しません。
遺産分割協議は早めに開始し、遺産分割を早期に成立させるようにしたいものです。

PAGE TOP
ページトップへ
絶対に負けられない事件、
お任せください。

報酬に値するプレミアムサービスを提供し、
手段を尽くして目的を達成します。

東京永田町法律事務所

〒100-0014
 東京都千代田区永田町2-9-8 パレ・ロワイヤル永田町706
TEL:03-5532-1112/FAX:03-5532-1113
 9:00~19:00 土日祝日除く

  • 地図・アクセス
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • お問い合わせ
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved