遺留分の放棄 -遺留分遺産分割の弁護士

遺留分の放棄遺留分

遺留分は相続放棄とは違って、相続開始前に遺留分放棄することができます。ただし、遺留分を放棄するためには、遺留分権利者が家庭裁判所に申立てをすることが必要で、かつ家庭裁判所の許可を受けたときに限り、放棄の効力が生じます。

わざわざ家庭裁判所の許可を要するのは、被相続人や他の相続人の強制など、本人の意思に反する放棄を防止するためです。

遺留分放棄と代襲相続

遺留分放棄がなされた場合であっても相続放棄がされたわけではありません。

遺留分の放棄をした相続人が被相続人より先に死亡した場合、当該相続人の代襲相続人が相続をすることになります。この代襲相続人は、被代襲者(当該相続人)が生存していれば取得する予定のものを、相続出来ると考えられます。ただし、被代襲者が遺留分放棄をしている限り、代襲相続人は遺留分の請求は出来ません。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved