具体的相続分 -相続人・相続分の確定遺産分割の弁護士

具体的相続分相続人・相続分の確定

指定相続分や法定相続分によって、相続財産に対する各共同相続人の具体的な相続分が最終的に確定されるわけではありません。協議分割においては相続人全員の合意があれば、法定相続分にこだわらず、自由に相続分を決めることができます。

また、相続財産に対する共同相続人の相続分を具体的に確定するにあたって、相続開始時に現存する財産の価格を基礎で計算した場合に、相続人間に不公平になる場合があります。それは特別受益にあたる生前贈与が行われていた場合や、特定の相続人に被相続人の財産増加に特別な貢献があった場合などです。

特別受益・寄与分の存否および内容は具体的相続分などに大きな影響を及ぼす可能性がありますので、その具体的事情などを他の相続人や親族、関係者などから聴取するなどして事前に整理しておく必要があります。

PAGE TOP
©2014 遺産分割の弁護士 All Rights Reserved